ペニス増大サプリの注意事項と効果

性欲減退の大敵、マンネリを打破するには?

精力が減退したと嘆いている中高年の話をよく聞いてみると、単に夫婦間のセックスにマンネリを感じていただけだったということも少なくないようです。そんな場合はちょっとした変化をつけるだけで、すぐに精力が回復してきます。たとえば、40代の男性の場合は、結婚10周年を記念して夫婦だけで温泉旅行にいった夜、思いもかけず盛り上がったそうです。
「家にいるときは子供が気になってセックスどころではなかったっていうのもあるけど、正直いって女房とのセックスには新鮮さが感じられなくなっていたんだからね。なにしろ女房の裸を見てもペニスがウンともスンともいわなくなっていたから。ところが、子供を女房の実家に預けて、たった一晩だけの旅行だったけど、二人だけで温泉に行ってみたら、あんなにウンともスンともいわなかったムスコが急にムクムクとしてきちゃったんだよ。なんていうのかな、二人きりの旅行なんて新婚旅行以来といってもいいし、その頃の自分たちに戻ったような新鮮な気持ちになってね。女房なんかも、子供を気にする必要がなかったからか、あんなに声を上げたっけというほど声を上げて喘いでいたよ。そうなると俺もますます興奮してしまってね、2回もやってしまった。こんなこと、ここ数年はなかったことだよ」
このようにマンネリを打破する方法の一つは、夫婦水入らずで旅行にでもでかけることでしょう。日常のわずらわしさから逃れて二人きりになることは、リフレッシュという意味でもとても効果があるのです。旅行が無理なら、ラブホテルを利用してみるのもいいでしょう。

精力革命!日常生活改善を

とにかく、セックスはある意味では脳で行うものですから、いつものパターンを少し変えただけでも、それが刺激となって思わぬ効果を発揮するものなのです。特にマンネリ化したセックスから脱却するには、それまでのパターンをガラリと変えてみるという工夫が必要です。温泉旅館やホテルに行くというのも場所を変えるというパターンの変化ですし、いつも夜ばかりにセックスをしていたとしたら、たまには朝や昼にチャレンジしてみるというように、時間というパターンを変えてみるのもいいでしょう。また、照明にしても、色や角度を変えてみたり、わざと明るくしたりして変化をつけることは可能ですし、着ているものもパジャマから浴衣にしてみたり、エッチ系の下着をつけたりということでも新鮮な雰囲気を作り出すことができます。

ペニスの愛撫の仕方

愛撫の仕方も、いつのまにかワンパターンに陥っていることがほとんどですから、いきなり女性器を口で愛撫するといったような思い切ったことをしてみることもいいかもしれません。また、体位にしても、正常位ばかりでなく、いろんな体位を試してみるべきでしょう。そのことで思いのほか淫らに燃え上がることがあるものです。
ただし、中高年の場合は1回のセックスでめまぐるしく体位を変えるというのはいかがなものかと思います。精力が減退気味の人は、体位を変えるためにそれまでの動きを中断した際に、勃起していたペニスが萎えてしまうことがよくあるのです。また、あまりにもアクロバティックな体位は体力や筋力的に無理がありますし、怪我でもしたら一大事です。
ペニス増大サプリで精力を徐々にあげて女性を愛することも大切です。いくらマンネリを解消するためといっても、刺激的な体位は一つぐらいにして、じっくりと攻めてあげることの方により力を注いだ方がいいでしょう。

ペニスが増大しない要因!ストレスを侮るな

ストレスがペニス増大もしくは精力にとってマイナスに働くことは周知の事実でありますが、精力のみならず、体の健康を維持していくうえでもストレスは非常にマイナス要因となります。直接的に襲いかかる病気としては、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などがあり、精神的プレッシャーから過度のストレスを生じると、たった1日でも胃に穴が空いてしまうことがあるのです。その他にも、直接的間接的に様々な病気の要因となっています。ストレスは目に見えないので、どうしても軽視しがちですが、ストレスを溜めたままでいることは、たいへんに危険だということを自覚する必要があります。
それをふまえたうえで精力剤系のペニス増大サプリを使う解決方が若者の間で流行っているということを理解してください。
しかし、現代病の最たるものであるストレスは、現代社会の様々な環境が生み出した産物ともいえ、その意味では、ストレスを溜めないようにするのは、非常に大変なことなのも事実です。特に日本では、狭い住宅事情、職場環境、密集する人口などストレスを引き起こす環境が揃いすぎているといっても過言ではありません。ある実験では、狭い箱の中にマウスをぎゅう詰めにして、餌だけを与え1週間放置したところ、ほとんどのマウスが胃潰瘍を患っていたというのです。さながら、私たち日本人は、この実験のマウスと同じような環境に置かれているのではないでしょうか。通勤時の満員電車をみたら、もっとひどい状況かもしれません。満員電車の乗客たちは常にイライラして怒りっぽくなっています。さらに人間は、金銭欲、物欲、性欲、名誉欲や見栄などがあり、これらの欲求が満たされないと、ストレスを感じてしまうのです。

Leave a Reply